フリーエンジニア高額案件情報センター

独立前に再確認。フリーエンジニアになるには?

Category

フリーエンジニアになるには

フリーエンジニアになるには

エンジニアとしてのキャリアプラン実現を考えた結果、フリーエンジニアとして独立するという結論に達する人は少なくないかもしれません。いまの時代であれば、ITエンジニアがフリーランスとして働くための環境はかなり整っていると言えます。フリーランスと会社員との違いをよく理解し、フリーエンジニア市場の動向を知り、あとは行動あるのみです。とは言え、フリーエンジニアとして働くということは、そう楽なものではありません。フリーエンジニアとして成功するためには、エンジニアとしてのスキルはもちろん、フリーランスとして生きるための力が必要になります。

フリーと会社員エンジニアの差

フリーランスと会社勤めでは、単純に収入を比較すれば前者の方が高いようですが、これにはウラがあります。すなわち会社勤めであれば収入が安定し、たとえ手取りが少なくてもその分は税金や社会保険への加入に回されているのであって、概ね手厚い福利厚生に守られています。しかしフリーランスは、手にする収入から税金や保険料を自分で収めなければなりませんし、原則として生活の保障などありません。また会社勤めをしていれば、良くも悪くも会社の一員であり、責任も限定的ですが、フリーランスであれば自分がすべての責任を担うことになるのです。

フリーと会社員エンジニアの差

フリーランスとして生活していくために

様々な仕事の中から、フリーランスとして自分自身が活躍するための仕事を選ぶ上で、考えなければならないことは数々あります。まず好きな仕事や、興味の持てる仕事を選ぶことです。これはその仕事に長時間集中したり腕を上げたり、様々な知識を獲得して行く上で、重要な要素です。そして流行り廃れにあまりに左右される分野は危険です。それは偶然大成功を収めるかもしれない一方で、失敗する危険が極めて高いものだからです。むしろ変化が少ない分野を選ぶ方が無難です。その点現在のところ引く手数多のエンジニアといえど、素早い技術革新によってトレンドに乗り遅れる危険があります。

フリーランスとして生活していくために

環境はすでに整っている

フリーランスはリスクが高いと考えがちですが、そのリスクを低く抑えると同時にそのメリットを活かすために、副業として個人で稼ぐという選択肢もあります。最近はインターネット環境が整備されており、個人でも探せば稼ぐ手段が色々とあります。例えばネットオークションで臨時収入を得たり、ブログやホームページからアフィリエイト収入を得たり、あるいはクライアントから仕事を受注するためにクラウドソーシングを利用する手もあります。会社勤めをしながらの副業が許される場合であれば、別途個人で仕事をすることによってリスクを分散出来たり、本業の不満を上手く解消出来るかもしれません。

環境はすでに整っている

高額案件を目指す方におすすめの記事

Copyright © 2015 フリーエンジニア高額案件情報センター All Rights Reserved.